メニュー

HSP(Highly Sensitive Person)を理解する

[2024.04.03]

HSP(Highly Sensitive Person、高度に敏感な人)とは、特に繊細で外部の刺激に対して深く感じやすい人々のことを指します。

この特性はエレイン・アーロン博士によって1990年代に提唱され、人口の約15%〜20%がHSPの特性を持っているとされています。

HSPは病気や障害ではなく、個性や気質の一つと捉えられます。この特性を理解し、受け入れることで、HSPの人は自分の強みを活かし、充実した生活を送ることができます。環境や状況に対する配慮や適応が、HSPの人々にとってより豊かな人生を実現する鍵となります。

 

HSPの特性を持つ人は、感情的な反応性が高く、芸術や音楽、自然の美しさなどに対して強い感受性を示す一方で、大きな音、強い光、人混みといった刺激に対して圧倒されやすい傾向があります。

また、他人の気持ちを察する能力が高いため、共感的であることが多く、人間関係で深い絆を築きやすいです。しかし、その敏感さゆえに、ストレスや否定的な感情を強く受け取り、それが心身の疲労やオーバーロードにつながることもあります。このため、HSPは自己管理や境界の設定、適切なリラックス技術を身につけることが大切です。

 

HSPの特性を持つ人が日常生活に支障がある場合にどのような対応方法があるのか、について以下のような方法があります。

1.環境の調整

過剰な刺激を避ける: 騒がしい場所や混雑した環境を避け、静かで落ち着いた空間を確保することが有効です。

リラックスするための環境を作る: 快適な照明、心地よい香り、リラックスできる音楽などを用いて、リラックスできる自分だけの空間を作ります。

2.セルフケア

定期的な休息を取る: 疲れやストレスを感じたときは、適切な休息をとることが大切です。

趣味やリラックス活動に時間を割く: 趣味や瞑想、ヨガなど、ストレスを軽減する活動に積極的に参加します。

3.自己理解と受容

HSPとしての自己理解を深める: 書籍やオンラインリソースを通じて、HSPについて学び、自己理解を深めます。

自己受容: 自分の感受性の高さを受け入れ、それを強みとして捉えることで、自己肯定感を高めます。

4.専門家との相談

 ストレス管理や自己受容の技術を学ぶために、心理カウンセリングを利用することは有効です。お困りの方は一度ご相談ください。<初めてご利用される方へ

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME