メニュー

才能と課題が共存する人々の世界・ギフテッド2E

[2023.09.19]

「ギフテッド2E」という言葉を皆様お聞きになったことはおありでしょうか?

この言葉はギフテッド(才能や能力が非常に高い人)でありながら、学習障害や発達障害を抱える人々を指します。これは、一見矛盾しているように思えますが、実際には彼らの世界は複雑で魅力的なものです。今回は、ギフテッド2Eの特徴や彼らが抱える課題、そして彼らの支援について、できるだけ分かりやすく説明してみたいと思います。

まず、ギフテッド2Eの特徴を理解するためには、ギフテッドの定義から始めましょう。ギフテッドとは、他の人よりも優れた能力や才能を持っている人たちを指します。これには、知識、創造性、リーダーシップ、芸術的な才能などが含まれます。

一方で、2Eは、「エクセプショナル(例外的)」と「エクセプショナル(例外的)」の頭文字をとったものです。これは、学習障害や発達障害を持つことを示しています。例えば、自閉症スペクトラム障害やADHD(注意欠陥多動性障害)などが含まれます。

この2つの要素が組み合わさることで、ギフテッド2Eの独特な特徴が生まれます。彼らは非常に優れた能力を持ちながらも、学習や社会的な面で課題を抱えています。たとえば、驚くほど高い数学の能力を持ちながらも、読解力が低い、社交的な場面で不器用だといった特徴があります。

これが意味するところは、ギフテッド2Eの世界は複雑で多様であるということです。彼らが才能を活かす一方で、障害と向き合いながら日常生活を送っています。そのため、彼らが持つ才能や課題を理解することが重要です。

才能を活かすためには、適切なサポートが不可欠です。例えば、ギフテッド2Eの子供たちが学校で適切な支援を受けることが重要です。個別の学習プランや専門家の助言を活用しながら、彼らが最大限の可能性を発揮できるよう援助することが求められます。

また、家庭でも理解とサポートが欠かせません。ギフテッド2Eの人々は、家族や友人の理解と支えが大きな力となります。彼らの強みを認め、課題を受け入れながら、共に成長していくことが大切です。

最後に、ギフテッド2Eの人々自身が、自分を受け入れることも重要です。彼らは、自分自身の個性や特徴を理解し、受け入れることで、ポジティブなアイデンティティを築くことができます。

ギフテッド2Eの世界は、たくさんの色とりどりの才能や課題が交差する複雑な世界です。私たちが理解と支援を提供することで、彼らが本来持っている素晴らしい才能を活かし、幸福な人生を築いていく手助けができるのです。彼らの世界を理解し、共に歩むことで、より豊かな社会が実現できることを願っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME