メニュー

自己効力感を高める

[2023.04.10]
自己効力感とは、自分自身がある課題を達成する能力を持っているという信念や自信のことです。自己効力感が高い人は、困難に直面しても諦めずに挑戦し続けることができます。 自己効力感は、人それぞれが生来的に持っている変更不能な能力ではなく、過去の成功体験や自己評価、他人の支援などから形成されます。つまり自己効力感は変えることができます。自己効力感が高くなるためには、自分自身が達成したことや、少しずつ成功体験を積み重ねることが重要です。また、自分自身が持っている能力や技術を適切に認識して、自信を持つことも大切です。 自己効力感が高い人は、自分自身ができることに焦点を当て、それに取り組むことで、自分自身を肯定的に保ちます。一方、自己効力感が低い人は、失敗や困難に遭遇すると、自分自身を否定的に捉えることがあります。 自己効力感を高めるためには、以下のような方法があります。 1.小さな成功体験を積み重ねる 2.目標を明確にし、計画を立てる 3.自分自身の能力や強みを認める 4.他人からの支援を受ける 5.失敗を恐れずに挑戦する これらの方法を実践することで、自己効力感を高め、自信を持って課題に取り組むことができます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME