メニュー

ギャンブル依存症(病的賭博・ギャンブル障害)を理解し、克服への道を探る

[2024.03.26]

多くの人々にとって、ギャンブルは楽しい娯楽の一つです。ギャンブル行為は「不確実性を伴う報酬」という一時的な高揚感や逃避を提供するものということができます。しかし、この無害な娯楽であるべきものが深刻な問題へと発展することがあります。ギャンブル行為の自己制御ができなくなり、ギャンブルが生活の中心になり、家族、仕事、財政状態に重大な影響を及ぼし始める場合、それはもはや単なる娯楽ではなく、「ギャンブル障害」(DSM-5)、「病的賭博」(世界保健機関(WHO)の国際疾病分類:ICD-10)という疾患になります。これは、脳の報酬系に関連し、特にドパミンという神経伝達物質の異常放出によって特徴づけられます。

この記事では、なぜ人がギャンブル依存症に陥いるのか、そしてこの克服と回復に向けた道のりについて探ります。ギャンブル依存症は、適切なサポートとリソースがあれば克服できる問題です。この記事を通じて、ギャンブル依存症についての理解を深め、自分自身や愛する人が直面しているかもしれないこの挑戦を乗り越えるための支援を見つけることを目指します。

まずはドパミンとギャンブル依存症についてどういう関係があるのかを考えてみます。ギャンブル依存症の人は、ギャンブルをすることで異常に高いドパミンが放出されること知られています。これは、ギャンブルの勝ち負けに関わらず、ギャンブル行為自体が強い快感や興奮を引き起こすことが原因です。つまり、ギャンブルを繰り返すことでドパミンの放出が促され、その結果、ギャンブル行為への強い渇望や依存が生まれます。

次に報酬系の構造について、報酬系は脳内の複数の領域から構成されており、特にヴェントラル・テグメンタル・エリア(VTA)、核際膜(NAc)、前頭前野(PFC)が主要な部位です。VTAからNAcへのドパミンの放出は、報酬に対する反応や動機付けに関わっています。また、PFCは意思決定や衝動制御に関与しており、ギャンブル依存症ではこの部分の機能が低下していることがあります。

以上のことから、長期的なギャンブル行為は、脳の構造的な変化を引き起こすことがあります。特に報酬系に関連する領域では、ドパミン受容体の感受性が変化したり、グレイマター(脳細胞の体)の量が減少したりすることが知られています。これらの変化は、依存症の行動を維持させる要因となり、依存症からの回復を困難にすることがあります。

ギャンブル依存症は、単に意志の弱さや道徳的な問題というわけではなく、脳の生理学的な変化に基づく深刻な障害です。そのため、治療には薬物療法や心理療法など、複数のアプローチが必要となります。

①刺激-報酬系のパスウェイの刺激を回避する方法。

②刺激-報酬系について別のパスウェイを用意する方法。報酬系のパスウェイを複数持つこと、それらを認識することで相対的にギャンブルに対する衝動を制御・管理することが期待できます。

③肥大化した刺激-報酬系のパスウェイを細くする方法。認知行動の修正を行う方法。

いづれも目的は、ギャンブル行為をコントロールし、それによって生じる問題を管理することです。当クリニックでの主な治療戦略は主として③を行います。基本的な治療については通常、以下の方法が主たるものとなります。

  1. 認知行動療法(CBT)

認知行動療法(CBT): ギャンブル依存症の根底にある思考や信念を特定し、それらの認識の偏り、誤りとして捉えられるようになることを目指します。CBTは、ギャンブルに関連する誤った信念や認知の歪みを修正し、問題解決技術を教えることで、ギャンブルの衝動を減少させるのに役立ちます。

 

  1. 薬物療法

ギャンブル依存症自体に対する特定の薬は存在しませんが、抗うつ薬や抗不安薬、気分安定薬などが依存症に伴う症状や他の精神障害の治療に使われることがあります。また、ドパミン系の活動に影響を与える薬物が、衝動制御の改善に役立つこともあります。

 

ギャンブル依存症の治療は一夜にして成功するものではありません。長期的なコミットメントと、時には複数のアプローチを組み合わせる必要があります。回復の過程は個人差が大きく、何が効果的かは人によって異なります。また、治療を受けている間でも、ギャンブルへの衝動が再発することは一般的です。そのため、再発を避ける戦略を計画に含めることが重要です。

 

3.再発予防

再発予防は、治療プログラムの重要な部分です。これには、トリガー(ギャンブルへの衝動を引き起こす状況や感情)の特定と管理、ストレス対処法の習得、健康的なライフスタイルへの取り組みが含まれます。さらに、治療中に学んだ技術を日常生活で積極的に適用し、必要に応じてカウンセリングを継続することが重要です。

 

ギャンブル依存症は、ご本人および関係者にとって重大な挑戦ですが、適切な支援、理解、そして治療によって、依存症からの回復は可能です。自分自身や大切な人が依存症に苦しんでいる場合は、助けを求めることを恐れないでください。希望は常にあります。この記事が、ギャンブル依存症の理解を深め、回復への第一歩となることを願っています。お困りの方は一度ご相談ください。<初めてご利用される方へ

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME