メニュー

心を制御する、感情をコントロールすることについて

[2023.03.01]

物質的に豊かになり、身体的には不自由の少ない社会が実現されてきた現代に生きる我々ですが、一方で心の状態はいかがでしょう?

社会活動が活発になり、複雑になればなるほど、人間関係でのストレスは増しています。そしてそのストレスのマネジメントがうまくいかず、メンタルの調子を崩す人が多くなっています。自殺者の増加、孤独死、独身率の増加など社会が抱える問題は解決の糸口は見つけられていません。現代に生きる我々にとって心を制御し、感情をコントロールすることはどれだけ重要な能力であるのかについて解説したいと思います。

まず第一に、感情をコントロールすることができる人は、ストレスや不安、怒りなどのネガティブな感情に支配されることが少なくなります。近年の研究によると、ストレスや不安、怒りといったネガティブな感情が持続すると、身体的健康に悪影響を与えることがわかっています。例えば、高血圧、心臓病、免疫力低下などが報告されています。これらの病気は、現代社会においてよく見られるものであり、感情をコントロールできることは、これらの病気を予防するうえで非常に有効です。

第二に、感情をコントロールすることができる人は、人間関係を良好に保つことができます。感情を爆発させたり、他人に八つ当たりしたりすると、その行動が原因で人間関係が悪化することがあります。そのため、感情をコントロールすることができる人は、他人とのコミュニケーションにおいても優れたスキルを持っていると言えます。また、感情をコントロールすることができる人は、自分自身の感情に対する理解が深まり、より豊かな人生を送ることができます。

第三に、感情をコントロールすることができる人は、自分の目標に向かって行動することができます。感情に支配された行動は、しばしば判断力の低下や冷静な思考の欠如を招きます。そのため、感情をコントロールすることができる人は、自分の目標に向かって効果的に行動することができ、結果として、自己実現や成功を達成することができるようになります。

以上のように、現代社会において心を制御し感情をコントロールすることは、極めて重要な能力であると言えます。感情をコントロールできる人は、ストレスや不安、怒りといったネガティブな感情に支配されず、人間関係を自然か形で主体的に構築できるようになり、結果的に過剰なストレスのない調和した状態が、身体的にも精神的にも社会的にも実現できることがわかってきます。

日々のストレスから解放された、晴れ晴れとした気持ちで活動していくためにメンタルケアを丁寧に行うことが大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME